MESSAGE

当社が日本で最初に住宅のマスターリースをはじめてから、およそ40年。
もはや現在では同様の仕組がスタンダードとなりました。

当社が日本で最初に住宅のマスターリースをはじめてから、およそ40年。
もはや現在では同様の仕組がスタンダードとなりました。

グループ会社であるケン・コーポレーションは、首都圏における高級賃貸マーケットのパイオニア企業ですが、そのDNAを引き継ぐケン不動産リースも高級賃貸住宅に絞り込んだマーケティングにより、クオリティの高いマスターリース事業で成長してまいりました。

国内外における富裕層によるプレミアムな住宅へのニーズは今後も堅調に推移すると思われます。これからもより一層プレミアム物件のプロフェッショナルとしてオーナー様から信頼される存在であるべく努力してまいります。

また、2007年から始まった団塊世代のリタイア、かつて新人類と呼ばれた所謂バブル世代を中心に増加傾向にある単身世帯やDINKSなど、 動態の変化に伴って新しいライフスタイルが創出されつつありますが、ホテルやリゾートへのニーズも大きく変化するのは明らかです。この変化をいち早くとらえ、 既存のホテルを世代のニーズに合ったリゾート施設へと変貌させたいと考えています。その事業ブランドをPremier Hotel Groupと名付けました。 当社のホテルビジネスの特徴として、自社ブランドおよび世界の名だたるホテルチェーンとの提携によるマルチブランド展開が挙げられます。 都会に住む人々の感性に合った旬のブランドを適材適所で活用するという当社独自のビジネスモデルです。すでに世界有数のブランド5社との提携によりホテル運営を行っております。

当社のホテルはラグジュアリーからビジネスまであらゆるニーズに対応しながら拡大を続けており、将来的には40施設、12,000室を目指しております。 国内トップレベルのオペレーションとリノベーションのスキルを国内外の都市やリゾートにおいて展開し、旅行経験豊富な団塊世代以降の世代に支持される宿泊施設を供給してまいります。

高級マンションや住宅が立ち並ぶことで、古い町並みは大きく変化し活性化します。当社の住宅事業は都心部を中心としたプレミアムな街づくりに多少なり貢献できたのではないかと自負しております。 ホテル事業におきましても、地域経済の活性化と日本の観光立国としての発展に貢献すべく努力していく所存です。

代表取締役社長 佐藤 繁

ケン不動産リース

代表取締役社長

佐藤 繁

Shigeru Sato